MasterMover Global News

Hörmann社、メリットを受けてシームレスな生産を実現

Published on : 10/02/2021

Hörmann UK社は、生産を中断することなくスムーズに稼働し続けることを重要視しています レスターシャー州にある同社は、ガレージドア市場を牽引する存在であり、毎年何千という数のキャノピードアや格納式昇降ドアを組み立てています。最大1,000 kgの重量になる部品がA型フレームの台車に乗せられ、倉庫から生産ラインまで徒歩で15分ほどの距離を移動します。ファシリティ・メンテナンスマネージャーのEliot Buckbyが説明するように、人の力で行うことはできない作業です。「日に300~400枚のパネルを選別しています。ですから、これだけの距離を、台車に載せた部品を移動させるには、電動運搬台車しかないのです。手では、必要な量を運ぶことなどできません。また、製造現場という環境では、移動するために多くの通路が設けられているため、フォークリフトといった方法は適していません。高い操作性と柔軟性が必要なのです。」 多忙な工場の需要に応えられるよう、現在、チームはSmartMover SM100+ machinesを2台、ローテーションで使用しています。   Eliotは続けて次のように言います。「SmartMoverが、私たちが必要としていることを正確にしてくれ、そして軽量のバッテリーを簡単に交換できることは、連続生産を可能にする非常に大きなメリットです。SmartMoverは搬入エリアでも使用しています。運搬台車の柔軟性のおかげで、必要な場所に素早く、問題なく移動させられます。SmartMoverを使用することで、様々な手作業の問題を解消できました。使いやすく、保管も楽なので、おすすめです。」 SmartMoverシリーズについて詳しくは、+44(0)1335 30 10 30にお電話いただくか、sales@mastermover.com 宛にメール、または当社ウェブサイトの問い合わせフォームからお問い合わせください。

Read full story

電動運搬台車とは?

Published on : 25/01/2021

電動運搬台車名 「電動運搬台車」は、様々な呼び名があるので、聞きなれない用語かもしれません。よく使用されているものもあれば、個々の企業で個別の呼び名を使っているところもあるでしょう。ペデストリアンタグ、電動タガー、牽引タグ、パワータグ、荷物運搬台車など、よく使われるか、おそらくは特に適した、電動運搬台車の例です。少なくともフォークリフトに比べれば、そのコンセプトは比較的まだ新しいものです。業界で、英語では「Electric tug」(電動運搬台車)を徐々に標準として呼ぶようになってきています。 電動運搬台車がすることとは? 一言で簡単に言えば、電動運搬台車は重量物を運ぶ機械です。そのためには、運搬する重量物に車輪がついているか、車輪のついた台(通常はボギーやスケートと呼ばれるもの)の上に乗せている必要があります。フォークリフトが荷物をパレットに載せることに頼っているのと同じです。電動運搬台車は歩いて操作する機械です。フォークリフトと同じように、一緒に歩けます。そのため、大きな重量物を比較的短い距離で移動させる作業に適しており、工業では組立工程の間で使用されることが多いですし、販売・小売セクターでも使用されています。電動運搬台車は名前の通り、バッテリーで駆動します。エンジンがないので煙は出ませんし、屋内での使用に最適です。MasterMover電動運搬台車は、最大360,000 kgの重量物を運搬できます。 電動運搬台車が必要な理由とは? 電動運搬台車は、以前はフォークリフトや手作業で行っていた作業を行うために購入されることが多い機械です。短い距離で重量物を運搬するのに適しており、使用に免許は必要なく、フォークリフトに比べてはるかに小型です。そのため、社内の道路網を付加価値のもっと高い生産に利用することができます。従業員が重い荷物を手で運ぶことは今は許可されませんし、電動運搬台車を使って500 kgもあるようなロールケージを運搬するためでも怪我や苦情件数を減らし、生産性を向上できます。電動運搬台車のメリットについて詳しくは、+44(0)1335 30 10 30にお電話いただくか、またsales@mastermover.com 宛にメールでお問い合わせください。 問い合わせ

Read full story

企業が電動運搬台車を使う理由とは?

Published on : 22/01/2021

ますます多くの企業が安全と効率の面で改善を行うことに目を向けています。こうした傾向を受けて、MasterMoverは様々なセクターの企業から問い合わせをいただいています。電動運搬台車を使用するために、作業員に、特殊な運転免許証や電動運搬台車の使用方法を学習するトレーニングの時間は必要ありません。使用は簡単、重量物の移動や車輪付き重量物の移動もしやすく、その苦労を減らせます。作業員の代わりに、電動運搬台車がすべての大変な作業を引き受けるので、作業員一人がしなければならないのは、確実に重量物に台車を取り付け、進行方向に先導する、これだえけです。 費用対効果の高い代替ソリューション 天井クレーンや、滑車やチェーンのシステムといった固定インフラとは異なり、MasterMoverの機械は、コストのかかる搬送方法に代わるコストの低い代替ソリューションです。また、柔軟性も高いのが特徴です。生産レイアウトに変更があった場合などは、MasterMoverなら費用のかかる工場改築を必要とすることなく、新しいワークフローに簡単に組み込めます。さらに、当社の機械はそのコンパクトな設計であるため、角や狭く込み入ったスペースを移動するのに最適な電動運搬台車です。そして、使用に必要なトレーニングの時間も、コストも削減できます。英国では、フォークリフトの運転に作業員は特殊な免許証が必要ですが、電動運搬台車なら、ちょっとのトレーニングを受けるだけで使用可能です。つまり、ものの移動が必要な場合に、フォークリフトを運転できる訓練済みの作業員が対応できるようになるまで時間を無駄したり待機したりという必要がなくなります。こうした中断時間はもう発生しません。 まさにWin-Win、企業と従業員両方にとっての電動運搬台車のメリット 電動運搬台車を導入する企業には、効率と生産性を大きく高められる以外にも、メリットがあります。MasterMover電動運搬台車は、従業員の安全も高めます。手作業による作業を減らしたり、完全になくしたりすることで、従業員は重量物を押したり引いたりする必要がなくなります。こうした負担を機械が軽減してくれます。事故や荷物の暴走のリスクや、筋骨格系障害といった長期的な健康問題のおそれが低減します。 どのような業種の企業が電動運搬台車を使用しているのか? MasterMover電動運搬台車は、世界中の様々な業種・ビジネスで使用されています。化学薬品やバイオ医薬品メーカーでは、高度な訓練を受けた従業員の健康を守りながら、細かい配慮の必要な扱いにくい重量物を安全かつ効率的に移動させることが求められます。非常に過酷な環境下で、貴重な部品を正しく移動させることが求められる製造環境があります。そのため、MasterMoverは爆発の可能性がある環境の中で使用されるATEX準拠の運搬台車や、ステンレス製運搬台車のように食品業界やバイオ医薬品セクターで使用されるソリューションも提供しています。製造業だけではありません。小売・物流でのオペレーションや、ヘルスケア、ファシリティマネジメント企業など、こうした分野でも、重量物のスムーズでシームレスな移動が求められています。ロールケージの移動からランドリーケージ、ごみ箱まで、電動運搬台車には生産性と安全性を大きく高められるというメリットがあります。MasterMoverの電動運搬台車: 効率性と生産性を高められる 手作業による操作や取扱いを削減できる 往来が多く混雑した職場で重量物を運搬する際の安全を高められる 中断時間を削減できる。フォークリフトや天井クレーンの空き待機時間要らず ほかの重量物運搬ソリューションに代わる費用対効果の高いソリューションを提供 管理と操作性を向上 電動運搬台車のメリットについて詳しくは、+44(0)1335 30 10 30にお電話いただくか、またsales@mastermover.com 宛にメールでお問い合わせください。 問い合わせ

Read full story