MasterMover Global News

電動運搬台車とは?

電動運搬台車とは?

電動運搬台車名

電動運搬台車」は、様々な呼び名があるので、聞きなれない用語かもしれません。よく使用されているものもあれば、個々の企業で個別の呼び名を使っているところもあるでしょう。ペデストリアンタグ電動タガー牽引タグパワータグ荷物運搬台車など、よく使われるか、おそらくは特に適した、電動運搬台車の例です。少なくともフォークリフトに比べれば、そのコンセプトは比較的まだ新しいものです。業界で、英語では「Electric tug」(電動運搬台車)を徐々に標準として呼ぶようになってきています。

電動運搬台車がすることとは?

一言で簡単に言えば、電動運搬台車は重量物を運ぶ機械です。そのためには、運搬する重量物に車輪がついているか、車輪のついた台(通常はボギーやスケートと呼ばれるもの)の上に乗せている必要があります。フォークリフトが荷物をパレットに載せることに頼っているのと同じです。電動運搬台車は歩いて操作する機械です。フォークリフトと同じように、一緒に歩けます。そのため、大きな重量物を比較的短い距離で移動させる作業に適しており、工業では組立工程の間で使用されることが多いですし、販売・小売セクターでも使用されています。電動運搬台車は名前の通り、バッテリーで駆動します。エンジンがないので煙は出ませんし、屋内での使用に最適です。MasterMover電動運搬台車は、最大360,000 kgの重量物を運搬できます

電動運搬台車が必要な理由とは?

電動運搬台車は、以前はフォークリフトや手作業で行っていた作業を行うために購入されることが多い機械です。短い距離で重量物を運搬するのに適しており、使用に免許は必要なく、フォークリフトに比べてはるかに小型です。そのため、社内の道路網を付加価値のもっと高い生産に利用することができます。従業員が重い荷物を手で運ぶことは今は許可されませんし、電動運搬台車を使って500 kgもあるようなロールケージを運搬するためでも怪我や苦情件数を減らし、生産性を向上できます。電動運搬台車のメリットについて詳しくは、+44(0)1335 30 10 30にお電話いただくか、また[email protected] 宛にメールでお問い合わせください。

« Return to press section

Published on : 25-01-2021